過去問題は早めに解く

ビジネス会計に確実に合格したいなら過去問題は必須です。

スポンサーリンク

ビジネス会計は同じような問題が出題される

ビジネス会計は公式テキストから出題されますがその公式テキストにも重要箇所があり試験ではその項目が定期的に出題されています。そのため過去問題を数回分解くことで公式テキストのどの項目が重要箇所である(よく出題されている)のかを把握することができます。

早めに解いたほうが対策を立てやすい

過去問題を試験直前に解く人がいますが、あまりオススメできません。過去問題を模擬試験代わりにしている人がいますが、過去問題は模擬試験ではなく最高のテキストです。ある程度公式テキストで勉強できたら、すぐに過去問題を解いたほうが良いです。早めに解くことで公式テキストのどの項目が重要箇所であるのかを把握できるため受験対策になります。試験直前に重要箇所がわかったとして、万が一、自分が苦手としている箇所であったら大変です。

過去問題は何度も解く

過去問題は定期的に何度も解きます。最低でも5回は解きましょう。

過去問題で2回以上出題された項目は苦手にしない

過去問題で2回以上出題されている項目でその項目が苦手項目である人は試験までに苦手を克服しましょう。過去問題で2回以上出題されているということは、次回も出題される可能性あります。ビジネス会計はじっくり勉強すれば理解できるものばかりです。たとえ苦手項目であっても定期的に勉強すれば必ず克服できます。ビジネス会計の過去問題は「ビジネス会計おすすめ本」で紹介しています。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 2017年9月に実施されるビジネス会計3級の講座の授業料等の一覧です。 (さらに…)…
  2. 次のビジネス会計3級の試験が21回目。ビジネス会計は年に2回実施されるので、この検定試験がスタートし…
  3. 2017年度ビジネス会計検定試験の試験日や受験料などが公表されました。 (さらに…)…

スポンサーリンク

ビジネス会計アンケート

ビジネス会計3級 どの講座を受講しましたか?

View Results

Loading ... Loading ...

予備校の口コミ評判など

  1. ビジネス会計検定の受験予備校である資格スクエアの評判や口コミなどをまとめました。 (さらに&hell…
  2. ビジネス会計検定の受験予備校であるLECの評判や口コミなどをまとめました。 (さらに……
ページ上部へ戻る