ビジネス会計の独学勉強法

ビジネス会計は独学でも合格できる資格です。そこでビジネス会計を独学で合格するための勉強法についてまとめました。

スポンサーリンク

ビジネス会計の独学受験で必要なもの

  1. 公式テキスト
  2. 公式過去問題集
  3. 問題集
  4. 電卓
  5. 蛍光マーカー

ビジネス会計の公式テキストは絶対に必要!

ビジネス会計には公式テキストがあります。試験はこの公式テキストに基づいて出題されるため独学で受験する人は必ず公式テキストを購入しましょう。

公式過去問題集で試験傾向と試験の難易度がわかる!

資格試験において過去問分析は必須です。特にビジネス会計は毎回同じような問題が出題されているので過去問題を解くことで試験傾向を掴め、効率的に試験勉強ができるようになります。また、過去問題を解くことでどのレベルまで勉強しなければいけないのか等の試験の難易度がわかります。

問題集を活用して公式テキストの内容理解を深める!

ビジネス会計の試験は公式テキストから出題されますが、この公式テキストだけを眺めるだけではなかなか理解できません。効率よく勉強しようと思えば、公式テキストを読んだあとにそこに該当する問題を解き、理解レベルの確認をして、間違えた個所や判断に迷った個所を公式テキストで再確認します。これを繰り返すことで公式テキストの内容理解が深まります。

ビジネス会計の独学勉強法の基本スタイル

ビジネス会計の独学勉強法の基本スタイルは次のとおりです。

①公式テキストを読む。
②過去問題を解く。
③出題された箇所をチェックする。
④公式テキストを読む。
⑤問題集を解く。
⑥間違えたところを確認する。
⑦④に戻る。

ビジネス会計独学勉強法の基本スタイル①公式テキストを読む

ビジネス会計は公式テキストから出題されます。つまり、公式テキストを理解できれば合格できるということです。公式テキストはとてもわかりやすく書いているので追加で参考書等を買わなくても理解できると思います。

ビジネス会計を独学で勉強する人は、まず公式テキストを軽く流し読み読みましょう。

ビジネス会計独学勉強法の基本スタイル②過去問題を解く

受験生の中には過去試験問題を試験直前に解く人がいますが、過去問題はできる限り早い段階で解くようにした方が良いです。過去問題を見ることで試験傾向を掴むことができます。

ビジネス会計独学勉強法の基本スタイル③出題された箇所をチェックする

過去問題を解くときは出題された箇所を公式テキストに蛍光マーカーでマークするようにしましょう。マーカーは過去問題専用の色を作った方が良いです。マーカーと同時に出題回数も記載しましょう。

ビジネス会計独学勉強法の基本スタイル④公式テキストを読む。

過去問題で出題された項目を中心に読み直します。

ビジネス会計独学勉強法の基本スタイル⑤問題集を解く。

問題集を解くときは、何回も間違えた箇所を公式テキストにマークしましょう。過去問題用のマーカーとは違う色を使った方が良いです。

ビジネス会計独学勉強法の基本スタイル⑥間違えたところを確認する。

⑤の後に公式テキストを見ると過去問題で出題された箇所と苦手な箇所が一目瞭然になります。両者がともにマークされているところを重点的に確認します。

ビジネス会計独学勉強法の基本スタイル⑦④に戻る。

試験まで④から⑥を繰り返し行います。過去問題は定期的に解くことをオススメします。答えを覚えてしまうくらいが丁度良いです。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 次のビジネス会計3級の試験が21回目。ビジネス会計は年に2回実施されるので、この検定試験がスタートし…
  2. 2017年度ビジネス会計検定試験の試験日や受験料などが公表されました。 (さらに…)…
  3. 2017年9月に実施されるビジネス会計3級の講座の授業料等の一覧です。 (さらに…)…

スポンサーリンク

ビジネス会計アンケート

日商簿記に合格していますか?

View Results

Loading ... Loading ...

予備校の口コミ評判など

  1. ビジネス会計検定の受験予備校であるLECの評判や口コミなどをまとめました。 (さらに……
  2. 商工会議所で行っているビジネス会計講座の評判や口コミなどをまとめました。 (さらに…)…
ページ上部へ戻る