ビジネス会計3級 予想模擬問題 期間損益のルール

期間損益のルールに関する問題。

予想模擬問題

次の( )に最も適切な文言を下記から選んでください。

期間損益の計算には一定のルールが存在する。まず収益については(a)主義によって認識し、費用は(b)主義によって認識する。この収益と費用には(c)対応と(d)対応とがあり、(c)対応とは売上高と売上原価の関係をいい、(d)対応とは売上高と(e)の関係をいいます。

1. 発生
2. 収益
3. 実現
4. 収入
5. 期間的
6. 直接的
7. 個別的
8. 間接的
9. 費用
10. 販売費及び一般管理費

スポンサーリンク

解答解説

(a)3. 実現
(b)1. 発生
(c)7. 個別的
(d)5. 期間的
(e)10. 販売費及び一般管理費

収益は実現主義によって認識し、費用は発生主義によって認識します。収益と費用には個別的対応と期間的対応があり、個別的対応とは売上高と売上原価のように対応関係が個別的にわかるものをいい、期間的対応とは売上高と販売費及び一般管理費のように個別的対応がわかりにくく、会計期間によってでしか対応関係がわからないようなものをいいます。

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017年9月に実施されるビジネス会計2級の講座の授業料等の一覧です。 (さらに…)…
  2. 次のビジネス会計3級の試験が21回目。ビジネス会計は年に2回実施されるので、この検定試験がスタートし…
  3. 2017年度ビジネス会計検定試験の試験日や受験料などが公表されました。 (さらに…)…

スポンサーリンク

ビジネス会計アンケート

ビジネス会計2級はどうやって勉強していますか?

View Results

Loading ... Loading ...

予備校の口コミ評判など

  1. 商工会議所で行っているビジネス会計講座の評判や口コミなどをまとめました。 (さらに…)…
  2. ビジネス会計検定の受験予備校である弥生カレッジCMCの評判や口コミなどをまとめました。 (さらに&h…
ページ上部へ戻る