ビジネス会計3級 予想模擬問題 繰延資産

ビジネス会計3級の予想模擬問題。繰延資産に関する問題です。

予想模擬問題

次の(a)から(e)に最も適切な選択肢を選んでください。なお、同じ選択肢を何度使っても構いません。

繰延資産は、既に(a)の支払いが完了し、又は、支払い義務が(b)し、これに対する役務の提供を受けたにもかかわらず、その(c)が将来にわたって発現するものと期待されるものをいいます。繰延資産には(d)や創立費、開発費などがあります。

1.対価
2.効果
3.開業費
4.交際費
5.確定
6.発生
7.現金
8.費用

スポンサーリンク

解答解説

a. 1 対価
b. 5 確定
c. 2 効果
d. 3 開業費

繰延資産について、貸借対照表原則、一Dで次のように規定しています。 「将来の期間に影響する特定の費用は、次期以後の期間に配分して処理するため、経過的に貸借対照表の資産の部に記載することができる。」

将来の期間に影響する特定の費用とは、既に対価の支払いが完了し、又は、支払い義務が確定し、これに対する役務の提供を受けたにもかかわらず、その効果が将来にわたって発現するものと期待される費用をいいます。

なお、繰延資産は計算擬制的な資産ともいわれます。

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 次のビジネス会計3級の試験が21回目。ビジネス会計は年に2回実施されるので、この検定試験がスタートし…
  2. 2017年9月に受験する人のビジネス会計2級のおすすめ参考書と問題集と過去問題集。前回試験からテキス…
  3. 2017年9月に実施されるビジネス会計3級のおすすめ参考書と問題集です。前回実施からテキストの改正等…

スポンサーリンク

ビジネス会計アンケート

【3級独学受験生向け】公式テキストは買いましたか?

View Results

Loading ... Loading ...

予備校の口コミ評判など

  1. 商工会議所で行っているビジネス会計講座の評判や口コミなどをまとめました。 (さらに…)…
  2. ビジネス会計検定の受験予備校であるTACの評判や口コミなどをまとめました。 (さらに……
ページ上部へ戻る